家庭用防犯カメラの必要性

家庭用防犯カメラの設置をお考えなら

家庭用防犯カメラの必要性

皆さま、住宅に対する侵入窃盗への対策はしていらっしゃいますか?
その被害は認知件数だけで、平成25年度では50,000件を越えています。
全国で一日あたりに三十六件、発生していることになります。

侵入窃盗に対しては玄関の鍵を二重鍵、またはピッキング対策のされた防犯シリンダー錠にしたり、タンス預金はしないなどの対策が考えられます。
ただし、どうしても通帳などの貴重品や、普段使わないクレジットカードなどは家に保管されていることが多いと思います。
平成24年、警視庁生活安全総務課の手集計によるデータによりますと、出入り口からの侵入窃盗は3割ほどで、侵入窃盗の実に67.3%が窓からの侵入となっています。
中・高層住宅でも侵入手段は無施錠、ピッキングなどを覗いても26%が窓からの侵入をされています。
更に、侵入窃盗は認知件数に対して検挙率がおよそ半分程度でしかありません。

窓に補助鍵をつけるなどの対策も必要ですが、この時、抑止力としても証拠能力としても活躍するのが家庭用の防犯カメラです。
防犯カメラはあるだけで侵入者を警戒させ、その家屋への侵入を敬遠させる効果があります。
また、商店など自営業をなさっている方の場合、より必要性が高まるでしょう。
固定型の金庫を目立たない場所に設置されている場合も多いでしょうが、金銭や貴重品の窃盗は防げても窓ガラスを割られてしまうだけで大きな損害となります。
大手のチェーン店などでは必ずと言っていいほど、防犯カメラが設置されていますね。
今回は主に、自営業をなさっている方を含め、家庭用の防犯カメラについて述べていきます。
侵入窃盗の被害に遭わないため、また遭ってしまった時のため、ぜひ導入を検討してみて下さい。

"http://www.naamlp2013.com/" was meeting the re-use of abandoned mine.
Civil engineering and environmental consulting firm discussed the landfill.
They share information about recycling and environmental protection.

This domain has been suspended temporarily.